お子様にiPhoneを渡しても安心できる!「画面ロック」の方法

こんにちは^^
ガラケー・スマホ&Wi-FiレンタルのGoodモバイルです!

GWの連休が終われば次は夏休み…次の休みはなにをしよう♪と、
ご家族で過ごすご計画を立てられている方も多いと思います。
普段は保育園や学校に行っているお子様が長時間お家にいたり、
電車や車で遊びに出かけたり、色々と楽しみですよね。

元気いっぱいのお子様たち。
「今だけ静かにしてほしいな…」というタイミングで、
iPhoneやiPadなどで動画を見せたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
筆者も動画サイトで配信されている幼児番組などをよく視聴させていただいています。
料理中や車移動の際、さっと再生して渡せばしばらくおとなしくしていてくれるので、
運転中やワンオペ育児にもとっても助かっています!

でも…
気づいたらチャンネルが変えられてしまい、謎の音楽がかかっていることが多々…。
そして子はすっかり興味を失ってあたりを徘徊しはじめたり…
母にバブバブと不平を訴えたり…。
チャンネルを変えたのはあなたですよ…という母の心の声が子に届くことはありません。
アプリを消される、勝手に写真を撮られることもしばしば。
あるときは、子の暴挙におびえたアプリが画面で震えていることもありました(笑)

そんな時に便利なのがiPhone、iPadの「アクセスガイド」設定です。

・設定→一般「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」
アクセスガイド☑オン
ショートカット☑オン
パスコード設定を設定(任意の数字)

準備はこれだけです。
あとは開いておきたいアプリを起動し、起動中にホームボタンを3回クリック。
iPhoneX以上でホームボタンがない機種をご利用の方は、電源ボタンを3回クリックでOKです。
3回クリックすると、「無効にしたい画面上の領域を円で囲んでください」という指示が出てきます。
画面全体や一部などを指定して「開始」をタップすると画面タッチの無効化がはじまります。
解除したいときも3回クリック→パスコードを入力です。
もちろんレンタルしていただいたiPhone、iPadでも設定可能です。

アプリの起動中の画面タッチを無効にするような設定なので、
動画アプリ以外のアプリ起動時にも適用できます。
以前からある方法なので、ご存知の方も多いかもしれません。
もし今まで知らなかったという方、安心してお子様に動画を楽しんでいていただきたい方はぜひお試しください。